目の下のぶつぶつ、ポツポツしたイボが急にできて驚いた人もいると思います。
あのイボはある日突然できて、しかも中々治らないという厄介もの。
小さくてもそこは顔、気になって仕方がない……というか、大きくなってきていない?
そんな風に頭を悩ませるイボ、ぶつぶつを治したくはありませんか?
今回はあのぶつぶの原因と治し方を徹底調査してみました!
同時に自宅で出来るケア方法、皮膚科での治療法をまとめてみましたので参考にしてみて下さいね♪

【スポンサードサーチ】




目の下のぶつぶつの正体は?

まずあの目の下のブツブツの正体から解説していきましょう。
この正体にはいくつかあるのですが、まずは白と肌色のボツボツについて説明します。

白いぶつぶつは「稗粒腫」

目の周りにできる1~3mmほどの白いぶつぶつは、稗粒腫と呼ばれているもので、毛穴の奥に古い角質が溜まってできることがあります。
女性や子供にできやすいという特徴があります。

肌色のぶつぶつは「汗管腫」

肌色、もしくは黄色いっぽいぶつぶつは汗管腫と呼ばれているもので、稗粒より少しサイズが大きく1~5mmほどで複数できることが多く、それがくっついて大きいサイズになってしまう場合もあります。

もしかしたら「イボ」の可能性も

また顔にできるイボの可能性もあります。
イボの原因はヒトパピローマウイルス主にウイルス感染ですが、他の要因でイボができる場合もあります。

これだけ目の下のぶつぶつの正体はあり得るということです。
ではこれらはどんな原因でできるのでしょうか?
次にこれらができる主な原因を説明しましょう。

目の下のぶつぶつが出来てしまう主な原因は?

それぞれを簡単にですが説明していきます。

白いぶつぶつ「稗粒腫」


稗粒腫は古い角質が毛穴の奥に溜まることでできてしまうぶつぶつです。
ではどうして角質が溜まってしまうのかというと、目の周りは皮膚が薄くて弱く、毛穴が少ないので溜まった角質が排出されにくいからです。
しかしこのぶつぶつは、メイクによって汚れが溜まりやすいからとも言われていて、その仕組みがまだ完全に解明されていないのも特徴です。

肌色のぶつぶつ「汗管腫」


汗を出すエクリン腺が増殖してそこからできる、また遺伝的な要素が関係あるとも言われています。
一般的には中年以降の女性に多いともされていますが、今では10代くらいの若い人でも良く出来てしまって悩んでいる人も多いようです。

顔のイボの原因は大きく二つ

まずは青年性扁平疣贅というウイルス性のイボで、若い女性に多く、小さい淡い茶色をしています。
これは肌の内部にウイルスが入り込んだことによってできたイボです。
自然と治癒してしまうこともありますが、刺激によってウイルスが周囲の皮膚に広がってイボが拡散することもあるので治療をすることが大事です。
 
もう一つは老人性疣贅という、加齢が原因のイボ
これは黒っぽくて大きさも人によって様々です。
ですが希に紫外線などの外部刺激によってこのイボができることもあり、若くてもこのイボができている人もいます。

どれも間違いない共通点は、できたら困るということ!
目の下のぶつぶつは目立つだけでなく、気になってしまう部分でもあります。
できたらケアをしたい……ではどんな成分が効果的なのかも説明しましょう。

スポンサーリンク

目の下のぶつぶつに効果的な成分は?

パルミトレイン酸


杏エキス、杏仁オイルなどに含まれているパルミトレイン酸はぶつぶつやイボにも効果的と言われています。
パルミトレイン酸は私たちの皮膚にある脂肪酸で、生まれたての赤ちゃんの皮膚が一番多く、その後20代を境目に減少していきます。
 
このパルミトレイン酸の働きですが、肌のバリア機能を高める効果と肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進してくれる働きがあります。
つまり老化してしまった肌を新しい肌に生まれ変わらしてくれるのですが、パルミトレイン酸が少なくなるとこの生まれ変わりが上手くいかずに古い角質がたまりやすくなってしまいます。
また健康な肌に生まれ変わらせることでぶつぶつやイボを改善する効果も期待できます。

ヨクイニン


ヨクイニンは漢方薬でも使われている成分で、ハトムギから作られた成分です。
こちらは主にウイルスでできてしまったイボの治療に効果的と言われています。

元々イボはウイルスが皮膚の中に入り込んだだけでは発生しません。
そこからウイルスが排出されずに留まり続けることでイボが発生してしまうのです。
つまり体の免疫がきちんと働いていないことが原因でイボが発生するのです。
 
ここで免疫力を正しくしてくれるのがヨクイニンに期待できる効果です。
なので市販薬にもヨクイニンは配合されています。
またヨクイニンはハトムギエキスでも良く言われている美肌作用や美白作用もあり、肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを正常にしてくれる効果があるので、イボができてしまった肌を新しい綺麗な肌に作り変えるサポートをします。

これらの成分が目の下のぶつぶつには効果的です。
もしも自宅でケアをする場合は、これらの成分が配合されたクリームや市販薬を探してみましょう。
それと自宅で目の下のブツブツのケアをする場合、オススメのジェルを紹介していきますね。

目の下のぶつぶつを自宅でケアしよう

ぽろぽろとれる杏ジェル


ぽろぽろとれる杏ジェルには、杏から抽出したパルミトレイン酸がたっぷりと配合されています。
このパルミトレイン酸がイボやぶつぶつに優しく作用、自然な力で肌の角質を柔らかくしていくので肌に負担をかけずに目の下のぶつぶつを自宅でケアできます。
口コミでもイボに効果的と話題のジェルクリームで、マッサージをしているとポロリと取れたと驚きの声が多く上がっています。 そして杏エキス以外にも肌ケアのための成分として有効なハトムギエキス、保水力にすぐれた水ナスから抽出した果実エキスを配合しているので、肌の保水力もアップ。
みずみずしくなった肌はバリア機能も高まり、柔らかいハリのある肌になるだけでなく肌自体のバリア機能も高まります。

目元にできていたぶつぶつが放置していたら大きくなってしまい、イボみたいになったのでケアに購入しました。まだ取れてはいませんが、段々と小さくなってきています。
ピーリングジェルですが香りもほのかでいい感じです。

まぶたにできているブツブツケアに使いました。触っても分からないくらいにまで改善されています。ピーリング剤を目元に使うのはちょっと心配でしたが、全然痛みはありません。使いやすくていいマッサージジェルみたいです。

テクスチャーが柔らかくて肌なじみがいい。香りもキツくない杏の良い匂い。
首のイボにも使ってみたらある日ポロっと取れて驚きました。痛みはないです。跡もありません。

艶つや習慣


艶つや習慣に配合されているのは、イボやぶつぶつに効果的な杏エキスに含まれたパルミトレイン酸。
美容効果や美白効果の高いハトムギエキス、そしてアンチエイジングケアで高い評価を得ているプラセンタエキスまで配合されています。
ぶつぶつへの効果だけでなくアンチエイジングケア、美容効果の高さも話題になっている美容ジェルですが、更に艶つや習慣のポイントとなっているのが、これは「オールインワンタイプの美容ジェル」ということ。
なので基本はこれだけで全てのお手入れが完了、ケア効果だけでなくその手軽さも話題になっています。
ぶつぶつのケアをしたい、イボをどうにかしたい、肌ケアもしたい、アンチエイジングケアも、だけど面倒なスキンケアってやる気がしない……そんなワガママさんでも続けられちゃうのが艶つや習慣の魅力なのかもしれませんね。

使い始めて二週間ほど経ちますが、目の下のイボが薄くなってきています。
そしてデコルテ周りにも塗っていましたが、こちらは大きかったイボが気付いたらなくなっていました。

一本で肌ケアが済んでしまう手軽さがお気に入りです。これを使い始めてから胸もとに見えていたイボが小さく引き締まってきました。肌自体の調子も良く、とても良いです。

乾燥肌ですが、これ一つで済んでいます。オールインワンでも保湿力はばっちり、もっちりした肌になれます。
ピリピリするような感じもなく、伸ばしながら使っていたら目元のイボがポロっと取れてしまいました。目立っていたので凄く嬉しいです!

クリアポロン


クリアポロンには、脂溶性のハトムギオイルと水溶性ハトムギエキスというヨクイニンをダブルで配合しています。
これがより肌になじみやすく、効果を発揮するのに役立っているのです。
しかもパルミトレイン酸を含んだ杏エキス、セイヨウシロヤナギの樹皮から抽出したダーマヴェールを配合。
このダーマヴェールには乾燥肌ケアの効果があり、肌に優しいだけでなく肌自体の保湿力をアップして肌本来のバリア機能を高めてくれます。
また保水によって角質も柔らかくなるので、ふっくらした肌が作られますよ。
五種類の組み合わされたヒアルロン酸も配合していることもあり、乾燥で悩んでいる人、乾燥肌の対策をしたい人にも薦めたいジェルです。

デコルテ周りに使っていますが、ザラザラしていた感触がなくなりました。小さいぶつぶつがなくなって滑らかな肌になっています。
塗るととてもしっとりして、肌自体にとても良いと感じます。

使用感はジェルですがベタつかない、使い勝手が良いジェルです。ジェルというよりもクリームのような伸びの良さがあります。
ザラザラ肌もこれを塗るとしっとり柔らかくなって、デコルテだけじゃなくて全身に使いたいほど良いです。

肌に優しいとのことで購入しました。目元に塗るので低刺激なのがいいです。プツプツしたイボっぽいのが一週間くらいで薄くなってきています。
顔全体に塗るようにしているので顔自体の調子も良くて、メイクのりが良くなっています。

↓もっと詳しくクリアポロンについて知りたい人はこちらの記事も参考に。

どれもぶつぶつケアにぴったりな成分をたっぷり配合しているだけでなく、肌ケアの製品としても有能なのがポイント。
目元のケアだけでなくできれば顔のケアにも使いたいほど。
ジェルなので塗りやすく、毎日のケアにもオススメです。
ぶつぶつだけでなく老化でできてしまったイボにも効果的なので、自宅でケアしたい人はチェックしてみて下さいね。
だけどただのブツブツならいいのですが、もしウイルスだったり、できものだったら大変。
できればまずは皮膚科でチェックしてみることをオススメしたいです。
そこでぶつぶつを皮膚科で治療するにはどうするのか、それをお教えしましょう。

目の下のぶつぶつを皮膚科で治療する場合の方法

内服薬の処方


基本的にイボの場合は、この内服薬で体内から免疫力をつけていく方法でイボを治療していきます。
前述したハトムギエキスの成分であるヨクイニンが入っている内服薬で治療する方法、または塗り薬でイボを除去していくケースもあります。
イボの状態や薬にもよりますが、すぐには感知しません。
状態によっては一ヶ月以上もかかる場合があり、そこまで手間ではないものの時間がかかる方法です。

レーザー除去

皮膚科に行ってブツブツやイボを「取り除く」場合、一番多いのがレーザーでイボのみを皮膚から取り除く方法です。
レーザーというとちょっと怖く感じるかもしれませんが、痛みも出血も少なく安全な治療法です。
 
稗粒腫の場合はレーザーで穴を開けて内容物を取り除きます。
この時に麻酔をするかしないかは病院によって変化しますが、ケースによっては少しの痛みや違和感を覚えることもあります。
傷跡は残りにくい治療法ですが一週間ほどで赤みも引き、メイクもできるようになります。
 
ただ汗管腫の場合はぶつぶつが広範囲になることもあり、治療後の傷跡が目立ってしまう場合もあります。
また治療部分をガーゼで覆うこともあるのでその後も目立ってしまうケースもあることを覚えておきましょう。
 
そしてレーザー治療のデメリットとして、値段が高くなりやすいというのが挙げられます。
これはどうしても医療適応外になることが多く、状態によっては三万円ほどかかったり、術後の経過を確認するためにしばらく病院に通わなければいけなかったりもします。

圧出法治療

こちらは稗粒腫の治療で行われることが多く、針でボツボツに穴をあけ内容物を押し出すという治療法です。
治療後は化膿を防ぐために塗り薬を塗って、ガーゼやテープを貼って経過を見ることになります。
何よりも押し出す時の痛みが少し強いのですが、保険が適応されることが多いので多くの病院ではこの方法でやることが多いようです。

液体窒素除去

主にイボに用いられる治療法で、マイナス196度の液体窒素によって低温やけどを起こしてイボを焼き取る方法です。
こちらも保険が適応されますが、治療に時間がかかる、痛みが強い、表面のイボしか取れないので根を張っていると再発の恐れがあるなど、ちょっとデメリット面も気になる所です。

どの方法も、やはりお金と時間がかかってしまうのが難点ですね。
しかしぶつぶつは治りにくいことも考えると、できてしまったら悪化する前にできるだけ治療をしたいです。
だけど大事なのは再発しないようにすること、そのためには目の下のぶつぶつを増やさないために気をつけることが大切です。
そのためにできることを最後にアドバイスしたいと思います。

目の下のぶつぶつを増やさないために気をつけることは?

肌ケアをしっかりと


目の下のぶつぶつの中でも、特に稗粒腫は古い角質が溜まることでできる、と言われていますね。
なので角質を溜めないようにすることが一番です。
そのためにも角質のケア、毛穴のケアとして洗顔が重要になります。
肌を健康にすることも肌の免疫力を上げてぶつぶつができないようにするために効果的です。

肌に負担をかけないようにする


肌に負担がかかると肌のターンオーバーの周期が乱れます。
これが肌荒れに繋がり、ぶつぶつができやすい肌環境になりやすくなります。
それを防ぐために厚化粧や、メイク落としはしっかりと、しかし過剰な洗浄をしないようにするなどの肌への配慮が大事です。
特に目の周りの皮膚は薄くてダメージを負いやすい場所です。
ちょっとこすっただけでもダメージは蓄積してしまいますから、優しく触れるようにしましょう。
 
また睡眠不足や不健康な生活をしていると、体に対するストレスが溜まり、そこから肌にも影響していきます。 そうならないようにするためにも、できるだけ健康的な生活を過ごしましょう。
バランスの良い食事や良質で十分な睡眠時間を取りながら毎日を過ごすだけでも、肌への負担はだいぶ変わります。
毎日のスキンケアも大事ですが、それが自分自身に負担になっては意味がありません。
気持ちよくリラックスして過ごすことも、ストレスを溜めない良い方法ですよ。

まとめ

目の下のぶつぶつ、できたら驚くと思います。
見る度に嫌な思いをして、気分が落ち込むかと思います。
ですが根気よく付き合っていくことで、その悩みからは解放されます。
また毎日の生活にちょっと気を配ることでも、予防も可能です。
ほんの少しだけでも気を付けて、綺麗な目元を維持していきましょう。
 

クリックで応援してください♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事