乾燥肌や敏感肌、トラブル肌など肌の状態は色々とありますね。
自分の肌の状態を悩みに思っている人たちも多いのではないでしょうか。
そんな肌の状態を改善するにはスキンケアが大事ですが、このスキンケアは目的に合わせて行うことが大事です。
そこでスキンケアを正しくするためにはその肌の状態を知ることから始まります。
ここではそんなスキンケアについて解説しますが、今回の肌の状態は話題になっている「ゆらぎ肌」
ゆらぎ肌におすすめのスキンケア化粧品5選まとめ、そして主な症状・原因・対策なども徹底調査した情報をお届けしちゃいます♪

【スポンサードサーチ】




そもそもゆらぎ肌とは?

まずはゆらぎ肌自体から解説していきましょう。
ゆらぎ肌という言葉を聞いたことがあっても、その肌の状態について知っている人は意外と多くありません。
中にはトラブル肌と混同している人もいるので、そこについても説明しますね。
 
ゆらぎ肌というのは、言ってしまえば肌の異常です。
例えば季節の変わり目の肌荒れ、女性に良く多い生理前の肌質のトラブル、睡眠不足などで肌荒れをしてしまった状態……こういった一時的な肌質の悪化が見られている肌の状態を、ゆらぎ肌と言います。
ちょっと甘いものを食べ過ぎた翌日、鏡を見るとニキビができちゃっていた!そんな状態がゆらぎ肌ですね。

ではトラブル肌とはどんなものなのかというと、分かりやすく言うとアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患などの状態です。
このトラブル肌は化粧品などのスキンケアではなく、できるだけ医療機関を受診して治療することが求められます。
 
これがゆらぎ肌であり、トラブル肌とゆらぎ肌の違いです。
かなりざっくりした説明ではありますが、この程度の知識があれば大丈夫です。
では次に、もっと詳しくゆらぎ肌について解説していきましょう。

ゆらぎ肌の主な症状・特徴

先ほどもいくつか説明しましたが、それに加えてゆらぎ肌の症状としては以下のものが見られます。

  • 肌がベタベタする
  • 肌のかさつき、乾燥
  • スキンケアをした時などに、しみるようなピリピリした痛みを感じる

こういった症状が出た時、それがゆらぎ肌の症状であった場合には特徴があります。
それは前述したように「一時的なものであること」
慢性的な肌のかさつきなどではなく、一年中肌にカサカサ感がある場合はゆらぎ肌の症状ではないということですね。
しかしこのゆらぎ肌、どのような原因で起こるのでしょうか?
 
次にゆらぎ肌の主な原因を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ゆらぎ肌の主な原因は?

季節の変わり目


「え?」と思われるかもしれませんが、ゆらぎ肌に一番なりやすいのがこの季節の変わり目と言われています。
というのも季節の変わり目というのは気温の変化が激しく、自律神経が乱れやすい状態にあります。
自律神経が乱れると体に様々な変調を起こしますが、これによって肌の状態も変化しやすくなります。
その結果、肌が敏感になってしまって刺激から肌の調子が悪くなってしまうことが多々あるのです。

花粉が原因?


ゆらぎ肌は季節の変わり目に起こりやすいです。
その季節の変わり目の中でも特に起きやすいのが、春の季節と言われています。
そして春の季節というのは、花粉が飛びやすい時期でもあります。
この花粉が原因で花粉症が起きるのは有名ですね。
この花粉症の症状として、目のかゆみや涙、鼻水などのアレルギー反応が挙げられます。
これは目や鼻の粘膜に花粉が付着すること、花粉が体内に入ることで引き起こされる、言わば刺激で起こる症状ですが、この花粉の刺激が伝わるのは目や鼻だけではありません。
つまり飛び交う花粉が皮膚に付着することで、ゆらぎ肌も引き起こされるのです。

ストレス


ストレスによって肌も変化が起きます。
そしてこのストレスというのは、その人を取り巻く状況が変わると大きく変化してしまいます。
その状況というのにも、やはり季節の変わり目というのは大きな変化になるです。
またストレス自体も自律神経が乱れる原因の一つであり、やはりホルモンバランスの乱れから肌の調子を悪くしてしまう人も多いと思います。
また自分自身はストレスと感じていなくても、寝不足を始めとした生活習慣の乱れも体にとってはストレスとなります。

これらの原因からゆらぎ肌が起こると言われています。
ではこのゆらぎ肌はどう対処していけばいいのか?
次はこのゆらぎ肌の予防や対策方法を説明します。

ゆらぎ肌の予防・対策法

ゆらぎ肌は対策、予防方法はいくつかあります。
まずは通年通してできるゆらぎ肌の対策方法、ケア方法をお教えしましょう。

保湿


肌に水分があると、その水分がバリアのようになって肌を刺激から守ります。
なので外部の刺激から肌を守るには、保湿をしっかりとしておくのが効果的です。
特に乾燥しやすい人、時期は肌を保湿することを徹底しましょう!

洗顔を見直す

洗顔は肌を汚れから守るために必要ですが、落とし過ぎる洗顔は要注意。
洗顔自体肌を刺激してしまうだけでなく、洗顔料も強すぎるものを使っていると刺激に弱い肌にはそれだけで刺激です。
ゆらぎ肌になりやすい時期は洗顔料も見直してみてもいいかもしれませんね。

紫外線から肌を守る


紫外線は春先から強くなります。
つまり春先の季節の変わり目は、肌が刺激を受けやすくなり始める時期です。
紫外線から肌を守るために、より紫外線対策に力を入れましょう。

規則正しい生活を


食事、睡眠、そしてストレス。
このどれもが乱れていてもホルモンバランスは乱れ、ゆらぎ肌になりやすくなります。
気を付けすぎるとそれ自体がストレスになるので難しい問題ではありますが、生活習慣を見直す機会を取ってみるのはどうでしょうか?
少なくともゆらぎ肌になってしまった時は、まず生活を見直したいですね。

季節の変わり目に気を付ける

例えば春なら花粉が飛び交い始めます。
この花粉が肌に残らないように、洗顔に一工夫しましょう。

ゆったりとお風呂に入って肌を清潔にするのも大事です。
 
夏には紫外線だけでなく、クーラーやエアコンの乾燥にも気を配りましょう。
 
秋から冬にかけては寒くなってくる時期、この季節から寒さで毛細血管が収縮して、血液が流れにくくなります。
こうなると栄養素が行き渡らずに肌がダメージを十分に修復できず、ゆらぎ肌になってしまいます。
なので肌を十分に温めたり、普段より美容液などにこだわったりしてケアしましょう。

このようなケアをしていきながら、ゆらぎ肌のケアをしてあげましょう。
ゆらぎ肌は一時的なものですが、ケアをしないとその肌荒れは治りません。
一時的なものとしないで、ならないように、なってしまったら素早くケアをすることが大事です。
そしてそんなゆらぎ肌になってしまった時のケアにおススメの化粧品を紹介しましょう。

ゆらぎ肌におすすめのスキンケア化粧品5選

【ディセンシア】つつむ


ディセシアシリーズにはいくつかのコンセプトの化粧品がありますが、その中でもゆらぎ肌におススメなのはつつむ
つつむは敏感肌の人でも使えるように、そして敏感肌の人の肌トラブルケアに特化した化粧品です。
 
そのポイントは高い保湿スキンケア、そして敏感肌の人でも使えるほどの低刺激なので敏感になっているゆらぎ肌の状態でも使える化粧品です。
配合されているセラミドはナノ分子上になっており、肌の奥まで浸透してしっかりと保湿。
またエモリエントプール成分という成分が配合されていますが、これは肌の表面に留まってくれる成分です。
このエモリエントプールは肌の表面から水分の蒸発を防いでくれるので、奥まで浸透する保湿効果と、その水分が蒸発しないように肌の表面からのダブル対応。

そんなディセシアつつむを実際に試した人たちの口コミも見ていきましょう。

敏感肌の人でも使えるシリーズということで使い始めました。季節の変わり目になると酷い乾燥で保湿しなければいけないけど、通常の美容液や化粧水だと染みるような感じになっていたんです。だけど敏感肌の人でも使えるなら……と思って。そして予想通り!ガッサガサになった肌もこれを付けるともちもちプルプルになってきています。
もともとは別のシリーズとダブル使いでした。生理前になるとこちらを使うようにすると肌の状態がとても良かったのです。ただ生理後も使っていると何だかこれ一本でも行けるんじゃない?と思うようになってしまって、今ではこちら一本です。優秀なシリーズですよ。
昔から乾燥肌です。それが季節の変わり目になったり、寝不足だったり、忙しかったりすると余計にひどくなってマスクが必須なほどでした。だけど美容院でこれを教えて貰ってから、マスクなしで過ごせています。普段からこれを使って、肌の調子が悪くなったらクリームとローションをダブル塗りでケアしていますよ。そうすると翌朝に肌が痛くなるなんてことがないんです。

JADE BLANC(ジェイドブラン)


白翡翠のように透明感のある美しい素肌へ、というコンセプトのジェイドブラン。
そのこだわりは凄く、なんと成分の90%が天然由来成分!
だから肌に優しいだけでなく、植物成分が肌本来の力を高めることをサポートしてくれます。
もちろん潤いも同時に与えてくれるので、刺激で乾燥しやすくなってしまった肌をしっかりとガード。
そして保湿成分であるセラミドを、贅沢に三種類も配合しています。
そのセラミドはナノ化されて肌の奥の奥まで浸透して、肌を保護してくれます。

乳液を付けると本当にしっとりとして、肌が付ける側から潤っていく感じがします。これ以外を付けると痛みを感じてしまうのですが、ジェイドブランだけは大丈夫です。私のように肌が弱い人にぜひ。
生理前、整理が近づいてくると肌がガサガサになって、クレンジングをする時にピリピリするようになってきました。気にしないようにしていたけど段々酷くなって……天然成分の方が良いかと思ってこちらに変えたら、さっと汚れは落ちるけど刺激はありません。後に美容液も乳液も付ければケアはばっちりです。
季節の変わり目のスキンケアはオーガニックのものに変えました。少しくらい高くてもお肌のためです。テクスチャーは柔らかいですが、伸びも良くてさっぱり。私は乾燥が酷いので化粧水は重ね塗りをしています。

あきゅらいず


全ての社員がすっぴんで通勤するスキンケア化粧品会社……それが「あきゅらいず」です。
naturalでシンプルなケアを追求するあきゅらいずでは、肌本来の美しさを追求して、ファンデーションを塗らずに過ごせる肌を作ることをコンセプトとしています。
そんなあきゅらいずの化粧品はもちろん敏感肌専用……という訳ではありませんが、敏感肌の人でも使えるように香料・パラベン・旧指定表示成分は無配合で作られています。
それは一見すると「これだけの成分?」と思われるかもしれません。
しかしあきゅらいずは「肌に本当に必要な物だけを集めて化粧品を作る」を目的として、あくまでシンプルなケアを提唱しています。
なので年齢、肌質、そしてシーズンを問わずに使えるのもあきゅらいずのポイントなのです。
ですからゆらぎ肌になったから別のケアを……ではなく、シーズン通してその化粧品だけを使ってスキンケアをしたい人におススメです。

オーガニックコスメを探していてあきゅらいずにたどり着きました。これが驚きのスキンケアで、ほとんど手間がかかりません。朝は洗顔とクリームだけ、夜は同じ石けんでクレンジングとパック、そしてクリーム。正直これだけでいいの?と思って途中で別の化粧品に変えてみたりもしました。だけど変えてみて逆にピリピリを感じたりし始めて、シンプルケアの凄さが分かりました。
変えて暫くすると肌の感触が変わってくるのが分かります。他のものと併用していましたがこれ一本です。というかこの手間いらずなシンプルケアになれると面倒になっちゃいました(笑)生理前でも変わりなく使えて、薄くファンデーションするだけでいいだけの美肌になれましたよ。
生理前になると肌荒れが酷いので、ファンデーションは厚塗りでした。痛みはあってもこの肌を晒すわけには……と思ってました。今では逆にファンデーションは薄く、だけど普通に毎日を過ごしています♪

ブライトエイジ


ブライトエイジはあの風邪薬「ルル」を販売しているヘルスケアから販売されている化粧品です。
そしてただ化粧品というだけでなく「医薬部外品」としてシミに効果があると話題になった化粧品でもあります。
その秘密はトラネキサム酸。
このトラネキサム酸は医薬品にも使用されている成分で、高い美白効果に加えて、抗炎症作用があります。
そのため、既に刺激を受けてしまって肌荒れをしてしまっている肌のケアにピッタリなのです。
もちろん次の刺激を受けないために保湿成分もばっちり配合、保湿力と吸収力に優れている高いヒト型セラミドを三種類配合することによって、肌の奥からバリア効果を高めてくれます。

実はシミケア、シワケアのために前から使っていました。これを塗るともっちりして、塗った顔全体がリフトアップしたように引き締まります。私は軽度の敏感肌ですが問題なく使えていますし、今までは赤みがさしていた肌もすっかり白くなってくれましたよ。
春先になると花粉症と一緒に肌荒れが酷くなります。赤くなったようになって恥ずかしかったのですが、これを塗ると収まっていきます。つけるとスッとする感じはしますが、痛くはないですよ。
ゆらぎ肌改善のために始めたけどこれはいい!クレンジング後もしっとりつっぱらず、赤っぽいというよりも血色良い綺麗な肌になれました!もしかして通年使っていいのかな?それならシーズン毎に切り替えなくてもいいかも。現状ではこれだけで十分です。

↓ブライトエイジの詳細が知りたい人は以下の記事も読んでね♪

米肌


コーセーから発売されているおなじみの肌極。
そこから発売されている米肌はより敏感肌の人向けに特化した、ライスパワーエキスNo.11を配合したトータルスキンケアができる化粧品です。
肌極との違いはビフィズス菌発酵エキス・大豆発酵エキスを配合している所ですが、この発酵成分がポイント!
この発酵成分が肌に高い保湿力をもたらしてくれるので、肌を外部の刺激から守ってくれます。
同時に補給された水分は肌につや、ハリをもたらしてくれると良い事尽くめな化粧品ですね!

もっちりとした使用感で、肌が柔らかくなった様な気がします。敏感肌で中々よいコスメに合えませんでしたが、これはとても良いです。肌が柔らかく感じられるようになったのは始めてです。
色んなスキンケアを試しましたが、どれも効果が出ませんでした。そこで効果があっても、肌荒れをするとやっぱり効果がなし……どんな時でも使える化粧品を探していて、出会った化粧品です。
肌極から切り替えました。これなら肌荒れをしていても痛くないし、その度に別の化粧品を探さなくても良いです。

まとめ

肌ケアは大変だけど、こういった化粧品があればゆらぎ肌は怖くありません!
一時的な肌荒れと見逃さず、ゆらぎ肌を真っ正面から撃退しちゃいましょう!
 

クリックで応援してください♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事