私たちの健康を維持するために必要な事の一つに「充分な睡眠」があります。
皆さんは充分な睡眠をとることが出来ていますか?
もし、とれていない場合は今使っているマットが体に合っていないのかもしれません。
意外にマット選びって重要なんですね。
マットレスといえばモットンのマットレスが評判良く、おすすめしている人が多いです。
腰痛が改善すると噂のモットンは、いったいどんなマットレスなのでしょうか?

【スポンサードサーチ】




モットンとは?


モットンは発売してから既に10万本の売り上げを突破しているマットレスです。
公式サイトでは元プロ野球選手の山本昌さんがモットンを愛用している人として紹介されており、モットンの良さをPRしています。
スポーツ選手現役時代に良いプレーをするには、やはり良い寝具が関係していたようですね!
 
直接体をゆだねるマットレス選びは大事で、特に重要なのはマットレスの硬さにあります。
マットレスは硬すぎても柔らかすぎても体に無理がかかり、次第に合わないと感じるようになります。
 
例えば柔らかすぎるマットで寝た場合、仰向けで寝ると肩や腰の部分が沈んで筋肉が緊張した状態になってしまうので、充分に体を休めることが出来なくなります。
横向きで寝た場合も、肩や腰が沈みすぎる事で適切な姿勢で寝ることが出来ず、ねじれが出て首や腰に負担がかかるようになります。
逆に硬すぎるマットで寝ると、肩・腰・ふくらはぎ・かかとに圧迫を感じるようになり、血行も悪くなりますので体の痛みが出やすくなります。
 
柔らかすぎたり硬すぎるマットレスや寝ていると体の筋肉を十分に休めることができないため、朝起きた時に疲れが残っていたり、体がなんとなく痛いといった不調を感じてしまうわけです。
実はこの体の緊張が原因で不眠で悩んでいる人も多くいるんだそう。
 
睡眠時はなるべく体が緊張しないように、寝る環境を整えることが質の良い睡眠を得るポイント。
モットンは自分の体に合う硬さのマットを選ぶことができます。
体が緊張する事がなく、ぐっすり眠れるマットレスとしてマットレスランキングの1位を常に獲得しているんです!

モットンのマットレスの特徴について

モットンのマットレスには快適な睡眠をえるための様々な特徴があります。
では、どのような特徴があるのかみていきましょう!

自分に合う硬さを選べるマットレス

適したマットレス選びで重要なのが硬さです。
 
人によって身長・体重は違いますので、その人によって適した硬さは違ってきます。特に体重の違いが大きいです。

同じ硬さのマットでも、40kgの人はそれほど沈み込まなかったとしても、90kgの人が使ったら大きく沈み込んでしまいますよね。
この例の場合だ、と40kgの人は硬すぎて肩や腰が当たって痛みが出る可能性がありますし、90kgの人の場合は体を適した姿勢で支える事が出来ていないので筋肉が緊張して充分な睡眠を得る事が出来ない可能性があります。
 
そのため、モットンでは適度に体を支えることが出来るよう、体重別に仰向け時・横向き時の体圧分散測定を実施したのだそう。
その測定結果を元に、100N・140N・170Nと3種類の硬さを用意しています。
モットンを購入する際には、この3種類から自分に合った硬さを選ぶことが出来るんです。
 
硬さを選ぶ一つの目安は体重。

  • 100N 体重が45kg以下の人
  • 140N 体重が45kgから80kgまでの人
  • 170N 体重が80kg以上の人

モットンのマットレスの硬さを選ぶ際の参考にして下さい。
日本で体に合わせてマットレスの硬さを選べるのはモットンだけです。
 
ちなみに、自分で希望の硬さを選んで購入・使用してみた結果、「もしかしてこの硬さは合わないかも?」と思った場合は、お問い合わせフォームに連絡すれば返金保証期間内(90日使用後の2週間以内)であれば1回のみ交換が可能になります。
交換の際には配送手数料3,942円は負担となってしまいますが、安い買い物ではないですし、頻繁に買い換えるものでもないですから、このサービスは嬉しいですよね!

耐久性のあるマットレス

新しいマットレスを使い始めて数か月ですぐにへたってしまい、使い物にならなかったという経験をした人も多いと思います。
 
モットンのマットレスは布団の厚みが半分になるまで圧縮する8万回の耐久試験をクリアしています。
なんと11年使用したとしてもへたりは3.9%!
 
モットンのマットレスで使用されているウレタンは高密度のため、一般的な低密度のマットレスのようにヘタレやすかったり底つき感が出るといったデメリットが出にくいんですね。
厚さ低下率が4%、復元率が96%という結果が出ているので、繰り返し使用したとしてもへたりにくいということが結果からも実証れています。これはありがたいですね!

寝返りのしやすいマットレス


モットンの公式サイトでも柔道整復師の小林敬和先生が言っていますが、寝返りによって寝ている時に体を動かすことで、血液やリンパ液の巡りを良くするといった大事な役割があると説明しています。
寝返りを打たないで寝た場合、血液やリンパの巡りが悪くなるため、筋肉もほぐれずに緊張したままの状態になり、腰痛をはじめとした体のトラブルが出やすいのだそう。
それだけ寝返りって大事だったんですね。
 
体に適していない硬さのマットレスを使っていると寝返りにも支障が出てきます。
柔らかすぎるマットレスだと体がマットレスに沈みこんでいる状態なので自然に寝返りが出来ません。
反対に硬すぎるマットレスを使っている場合、肩や腰など、いつも同じ場所に負荷がかかってしまうので自然に寝返りを打つのが難しくなります。
 
モットンは適度な硬さを持っている高反発マットレスなので、自然な寝返りをサポートしてくれます。
体圧分散効果があるので、高反発のマットが体を持ち上げて体に負担のかからない睡眠姿勢を維持してくれるんです。
仰向けで寝ていても腰や肩、背中にかかる負担を分散して背骨を支える姿勢を維持できます。
腰にも負担がかかりません。
横を向いて寝ていてもゆがみのない理想的な睡眠姿勢を維持できるのです!
 
寝返りを打つのにはエネルギーが必要です。
従来の他メーカーのマットレスで必要なエネルギーを100%として考えると、モットンは適度な反発力があるため80%の力で寝返りが打てるといわれています。
筋肉量が少ない日本人や女性でも、無理がかからず自然と寝返りが打てるマットレスなんです!

厚みがたっぷり10cm


他メーカーのマットレスはあまり厚みがないので、寝ていて底つき感を感じたりしますよね。
 
モットンはたっぷり10cmの厚みがあり、体を押し上げてくれる反発力が優れているのと体を均等に持ち上げてくれる体圧分散力にも優れているため、体をまっすぐに支えてくれるので無理のない寝姿勢をキープすることが出来ます。
また厚みがあるので直置きでも使用できます。

ダニ対策も出来るマットレス

アレルギーに悩んでいる人がここ最近多くなってきています。
 
アレルギーの原因となるものは色々とありますが、中でもダニが元となるアレルギーが多いのはご存知でしょうか?

ダニが元となってアトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎などなど、多くのアレルギーを引き起こしていると考えられているのです。
 
例えば花粉症などの場合はその花粉のピーク時だけ耐えれば良い季節限定のアレルギーです。
しかしダニの場合、近年では室内が一年中過ごしやすい温度に管理されていることが多いため、ダニも一年中室内にいる可能性が高く、ダニによる影響というのは1年中あると考えた方が良いのです。
特に梅雨時期になるとダニが大繁殖してアレルギー症状も悪化しやすくなるといった悩みを抱えている人も多いですよね。
 
少しでもアレルギー症状を緩和させるためには、ダニによる影響を受けないようにする事です。
部屋の中で出来るダニ対策の一つとして「ホコリを増やさないようにする」というのがポイントとなります。
ホコリがたまる場所には大抵、多くのダニが潜んでいますから、ほこりをため込まないように工夫しましょう。
 
また、ダニを増やさないもう一つのポイントは「寝具選び」です。
敷布団などを使った場合、どうしてもほこりが出やすいのでダニが増えやすくなるといったデメリットがあります。
一方、モットンはほこりが出にくい作りのウレタンマットレスになりますので、ダニの繁殖の元となりにくいのです。
アレルギー症状に悩んでいる人をはじめとして、お子さんのアレルギー対策にも使うことができますね!

通気性の良いマットレス

ウレタンフォームのマットレスというと「通気が悪そう」というイメージを持っている方も多いのでは?
モットンもウレタンマットレスになりますが、ウレタンの発砲する泡の大きさなどを調整して作られています。
寝ている間に出てくる汗や空気が上から下に流れやすい「特別な工夫」がされているため、蒸れて寝苦しいといった事がないのです。
通気性が良いので夏場にでも安心ですね!

スポンサーリンク

モットンを実際に使った人の口コミ・評判・レビュー

マットレスは何日か使ってみないと実感できないという事もあり、モットンが良いのか、合わなかったのかは実際に使ってみた人でないとわからないですよね。
そこでモットンを使ってみた人の口コミや評判を見てみる事にしました。

引っ越しの時に新しく買ったマットレスが体に合わないようでぐっすり眠れなくなり何回も起きるようになってしまいました。
モットンを購入して使うようになって2週間したあたりで気がついたのですが、夜、起きてしまう事が少なくなっています。
私には合っているみたいです。
モットンは評判が良いので試してみました。
確かに寝心地が良いし、以前から悩んでいた腰痛も良くなってきています。
ただ、寝心地は良いんだけどウレタンのにおいが気になります。
なのでこまめに陰干しするようにはしています。
モットンで寝るようになってからかなりぐっすり眠れています。
なので気に入ってはいるのですが、元々汗をかきやすい方なのでお手入れがこまめに陰干ししないと湿気が抜けきれないという感じがしています。
陰干しするのが面倒と感じている人はちょっとお手入れが大変かもしれません。

モットンはこんな人におすすめ!

  • 腰痛で悩んでいる
  • 体が痛くてマッサージを受けている
  • ぐっすり眠れていない
  • 肩こりで悩んでいる
  • 今使っているマットが体に合っていない
  • 夜に何回も起きてしまう
  • 朝から体がだるい

モットンはどこで買える?店舗・取扱店について

モットンマットレスを使ってみたい!快適な眠りが欲しい!という事で、モットンを購入したい場合どこで売っているのでしょうか?
寝具や家具を扱っている店舗などでは販売していないようです。
モットンは店舗で販売はしていないようなので、通信販売で購入するしか購入方法はないようですね。
いろいろ調べてみた結果、どうやら公式サイトでの購入が一番確実なようです。

モットンを最安値でお試しする方法は?楽天?Amazon?

モットンは通信販売で購入できるという事は楽天やAmazonでも販売しているのでしょうか?
そう思ってチェックしてみたところ、楽天でも販売していたので価格を比較してみようと思います。
 
楽天では以下の価格です。

  • シングルサイズ 60814円
  • セミダブルサイズ 70623円
  • ダブルサイズ 80433円

でした。
 
Amazonではあるにはあったのですが中古商品との事でした。
寝具は出来れば新品の方がいいですよね。
残念ながら新品のモットンはAmazonでは見つけることが出来ませんでした。
 
モットンの公式サイトを見てみると安く販売していました!

  • シングルサイズ 59800円
  • セミダブルサイズ 69800円
  • ダブルサイズ 79800円

若干ですが楽天の価格より安いですね!
 
でもこれだけではありませんでした。
「期間限定で今だけ2万円OFF」というキャンペーン中で更に安くなっているんです!

  • シングルサイズ 39800円
  • セミダブルサイズ 49800円
  • ダブルサイズ 59800円 

これは断然安いです……!
配送手数料や代引き手数料も無料になっていますし、公式サイトから購入した場合のみ、90日間の返金保証がついてきます。
返金保証期間内であれば、返金を受けられることはもちろんですが、硬さを変えて交換することも可能ですから、この返金保証があるのとないのでは大違い!
公式サイト以外で購入した人の口コミでも「購入して後から公式サイトの方が2万円安く買えるし返金保証がある事を知った」という口コミのを見かけましたので、他のサイトで購入したことを後悔している人も多いよう。
モットンを一番安く購入できるのは公式サイトだということ、覚えておきましょう!

モットンの使用法やお手入れ法で知っておきたい事

モットンを使う際に初めて使うから何か使い方に注意した方が良い事があるのか、そして何か特別なお手入れは必要なのか?という点は気になりますので公式サイトのQ&Aを確認してみました。

耐久年数について

耐久年数は約10年と書かれてありました。
例えば公式サイトからシングルサイズを買ったとして、10年使えるのであれば
39800円÷10=3980円
年間3980円となれば、金額的にも納得できますよね!

ニオイや色が気になる?


使う人によってはウレタンフォームのにおいが気になることがあるようです。
ウレタンフォームは多孔質な作りになっている事から他のにおいを吸収しやすい性質もあり、そのにおいが影響してくる場合があります。
この場合、陰干しをすると解消するので試してみるといいですよ。
 
また、使っていくとウレタンが変色する場合があります。
もしウレタンが変色しても品質や性能が変わる事はないのでそのまま使っていて問題はないとの事です。

ベッドの上に敷いてもいい?

これまで使っていたベッドの上に敷いて使っても問題ないようです。
ですが、元々使っていたベッド自体がとても柔らかかった場合は逆に体が沈み込んで負担がかかる可能性があるので、その場合はベッドマットレスを外して使った方が良いでしょう。

電動ベッドでも使える?

電動ベッドを使っている人でも使用に際して問題なし。そのまま上に敷いて使えます。
電動ベッドを使っている人は寝心地が悪いと悩んでいる人も多いと思いますから、モットンを使う事で快適に眠れそうですね!

他の家電製品との使用について


寒い時期に電気毛布を使う人がいたり、場合によっては布団乾燥機を使うご家庭もあると思います。
公式サイトでは温度が50℃以上にならないように気をつければ使うことが出来ると説明がありました。

お手入れ方法について

モットンはウレタンの泡を調整する事で吸収放湿という性質がある優れたマットレスですが、使用環境や汗をかくことが多い時期などは湿気がたまりやすくなる場合があります。
その時のお手入れとしておすすめされているのは陰干しでした。
ちょっと湿気が多いかなと思ったり汗をかくことがい多い時期は陰干しをするようにしてみましょう。
天日干しをすると痛むので避けましょう。また、水洗いも避けるようにしてくださいね。

まとめ

マットレス訴求

マットレスって、こまめに買い換えるものでもないですし、良いものであれば高価になりがちなので手を出しにくいものでもありますよね。
ですが、モットンジャパンのマットレスなら年間4000円ほどで快適な眠りを手に入れることができるかもしれません!
1日あたり100円ちょっとで快眠できるなら、お安いと思いませんか?!
睡眠の質にお悩みの方は、ぜひ一度公式サイトをチェックしてみてくださいね♪
 

クリックで応援してください♪

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事