出産をした後というのは赤ちゃんに意識が集中するのでお母さんたちは毎日大変ですよね。
赤ちゃんの世話をしなきゃ!と思う一方でやっぱり体型の変化も気になります。
お腹やお尻のあたりが妊娠中に太ってしまったし、お腹がたるんだ気もする……と感じるようになりますし、『出来れば出産後は産後ガードルを使って体型を戻した方が良い』というのも聞いた事がありますよね。

ガードル選びは色々な種類があるので迷うかもしれませんが、出産後のお母さんたちに人気のあるガードルはトピナガードルです。
出産後に体型の悩みがで心配しているママさんたちは今のうちにチェックしてみましょう!

【スポンサードサーチ】




トピナガードルとは?

通常、出産後は骨盤が開いてしまっている状態でもあり、脂肪がつきやすくなっています。
それに妊娠していた時に膨らんでいたお腹がしぼんだ状態でもあり、子宮も膨らんでいたのがしぼむので、体型の変化に不安を感じる時期ですよね。

多くのお母さんたちは、骨盤の調整や引き締めのためにウェストニッパーを使ってケアをしたり、産後ガードルを履いたりしてお腹から太ももまでをカバーして、様子を見ながら使っている状況かと思います。
でも、実際に出産後ガードルを使ってみた人にとって「デメリットに感じる事」というと以下の点が共通しています。

  • ガードルの締め付けが強すぎる
  • 締め付けのせいで冷え性がひどくなった
  • 肌がかぶれたり湿疹が出てしまった

本来は太ってしまったり、たるんでしまった場所をなんとかしたいのに、別の悩みが出てしまうという状態は出来れば避けたいものです。
 
トピナガードルはこれらの悩みを解消しつつ、ずっと着用できる産後ガードルを目指して作られています。

トピナガードルの特徴・効果について

トピナガードルを着用するとどんな効果があるの?
トピナガードルはずっと着用できるというけどなぜ?

といった疑問を解消するため、トピナガードルの特徴やこだわっている製法、期待できる効果について見てみましょう。

締め付けないガードル

ガードルというと締め付けるイメージが強いですよね。
実際に一般的な産後ガードルを着用して締め付けの強さで悩んだことはありませんか?
締め付けは体にも良くない状態ですし、血行が悪くなる、リンパの流れを邪魔してしまう、体温もうまく上がらずに低下するといった原因にもなります。
そのため、代謝自体が悪くなってしまうので肥満になりやすいといったデメリットが出てきます。
 
こうやって聞いていると、ガードルは体にとってあまりメリットがないように感じてしまいますよね。
ところが今でも一般的なガードルは体型補正の締め付けるタイプのガードルなのです。
 
トピナガードルは以下の部分のこだわる事で、締め付けすぎないガードルを作りました。

  • 3段ホックで調整
    ウエスト部分は3段のホックがありますので、体型に合わせて締め付けすぎない調整が出来るようになります。
  • ウエストニッパー使用
    ウエスト部分にはニッパーを使用して、寝ながらでも適度に引き締めをしてくれます。
  • 適度に体型をホールド
    ヒップ部分も形が良くなるように整え、太もも部分にもガードルを使用していますので、ヒップと太もも、両方を適度に引き締めてくれます。
  • 骨盤周辺のインナーマッスルも鍛える

出産後の開いた骨盤を元に戻さないと!と思ってガードルをはいても、締め付けすぎてしまう傾向があります。
ですがこの締め付けが逆に骨盤をゆがめてしまうなど、骨盤にとっては良くない場合があるのです。
 
更にガードルを愛用している場合、圧迫をする事で筋肉を補助する傾向があります。
筋肉を使わなくても良い状況が続いてしまうと筋力の低下にもなりやすいのです。
筋肉を鍛える運動もしているわけではないので、いつまでたっても骨盤周辺は安定しないままになりますし、必要な筋肉はついてくれません。
つまり、ガードルがないとうまく体型の補正が出来ないような体になる可能性があります。
そのため、一般的に使い続ける場合は3か月ぐらいでガードルは使用しない方が良いといわれています。
 
トピナガードルは締め付けが適度なだけでなく、体幹サポート機能がついてるため、骨盤周辺の筋肉を減らさないようにサポートをしてくれるので、ガードルが常に必要になるような体になる事を防いでくれるのです。

すぐに使うことが出来る!


出産してから3週間ぐらいはホルモンが不安定になりやすいといわれているので、1週間を過ぎたあたりから様子を見つつ体型の調整を検討するママさんたちが増えてきます。
最初は産後3週間ぐらいしてからニッパーを使って骨盤をしめつつ、その後ガードルを着用するという方法で調整している人もいるようです。
 
トピナガードルは締め付けが強すぎない上に調整もできますから、出産してからすぐに使う事も可能なぐらい、無理がかかりません。
「出産後にすぐにでも対策したい!」というお母さんたちは、トピナガードルを早い段階から使って産後の体型をケアしています。

体を冷やさない使用感

トピナガードルの特徴の一つに腰部分を「冷やさない」ようにしてくれるという点があります。

ガードルは締め付けが強い分、血行が悪くなりやすく冷えてしまうというデメリットがありました。
体温とダイエットの関係というのを聞いた事があると思いますが、体温が1度低くなってしまうと体の代謝は14%も低くなってしまうのです。
代謝の低下は太りやすく痩せにくいという体に変えてしまいますし、体の免疫機能も下がってしまう事につながるので、健康面を考えると冷やさないようにしたいところです。
特に出産後というのは循環機能が落ちやすい状態なので、出来れば体温を下げないように、基礎代謝を上げるようにした方が良いのです。
 
トピナガードルは効果的に「重力に負けない体作り」を目指した産後ガードルになりますので、血行やリンパの流れを良くしつつ、代謝を上げる事でスリムな体を作るサポートをしてくれます。
 
トピナガードルではダイワボウポリプロという断熱効果が高い高級糸を使用しているので、体温を37度近くでキープできるようになっています。
37度近い体温は身体が活動しやすい温度であり、血流も良くなるので、ダイエットには適した痩せやすい状態なのです。
更に、冷えを改善して汗をかきやすい状態になるのです。
 
ちなみに一般的なガードルで使われる事が多い素材はポリエステル系列になりますが、これらの素材はどちらかというと身体を冷やす傾向があり、体の代謝機能を下げてしまうのでおすすめできません。
 
トピナガードルを履くことで引き締め発汗機能や体温維持機能、血行促進効果、引き締めに効果が期待できますので、使い続けることで体の変化を実感できるでしょう。

肌にも優しいガードル生地

肌トラブルが起きにくい

締め付けが強いガードルを履き続けていると汗もかきやすくなりますし、お肌がかぶれてしまうという経験をした人も多いと思います。

これは生地の材質に問題があります。
通常、ガードルを安く大量生産しようとすると安い価格で加工しやすいナイロンを使用する傾向があります。
ところがナイロン製の生地は汗をためやすく、肌トラブルを起こしやすいので、色素沈着が出てくる心配もあります。
そのため長時間、ガードルを履き続けるのは無理と感じてしまいますよね。
 
トピナガードルは体を温める効果や発汗効果で痩せ体質を目指す事が出来るだけでなく、吸水速乾水分機能があるので常にサラサラした快適な状態を維持できるのでお肌にも優しいのです。
 
その理由は表面部分にある吸水速乾アクリルの拡散層です。
先ほど体温を高めに維持してくれると説明した「ポリプロピレン紡績糸の吸汗層」が内側にあるので汗をしっかりと吸い取り、一番外側の部分の吸水速乾アクリルの拡散層で水分を逃がしていくので体温を維持させつつ水分は吸湿速乾してくれます。
これはトピナガードルオリジナルのマルチキャビネット構造になります。
この構造のおかげであせもやかぶれといった肌トラブルにもなりにくくなっているのです。

24時間着ていても大丈夫!


産後ガードルの理想的な着用時間は24時間。
つまり一日中着続けていた方が良いのですが、体の強い締め付けは良くないですし、肌トラブルが起こりやすいこともあって、これまでのガードルは着用し続ける事が難しい状況でした。
 
トピナガードルは特殊な3層構造の生地を採用しており、中間層にポリウレタンの引き締め層が入っています。
程よい引き締めで体のラインを維持してくれる専用のストレッチ素材を採用しているので、強い締め付けの心配はありません。
24時間、履き続けていても体に負担の少ない産後ガードルなんです。これは嬉しいですよね!

スポンサーリンク

トピナガードルを実際に試した人の口コミ・評判・レビュー

トピナガードルを利用してどのような効果があったのか興味があったので、利用してみた人の口コミを見てみる事にしました。

1人目の時に他のメーカーのガードルを使ってあせもとかが出来てしまって、ちゃんと使えなかったのですが、2人目出産後にトピナガードルを使ってみてからは汗はかくのにあせもになる事はないという点がありがたかったです。
1日中つけていても問題ないし、使っていてだいぶ体型も改善されてきたのがわかります。
初めての出産で、太った分の体型をなんとかしたくてトピナガードルを買いました。
生地は厚めなのですが、強い締め付けを感じる事もなくちょうど良いです。
ガードルをつけている時は汗をかく事も多いのですが、トイレの時にやっぱりちょっと不便さを感じます。
でも他のガードルも不便さは同じなので私は買って良かったと思っています。
以前、某有名メーカーのガードルを使ってみたのですが、その時はずっとつけているのがつらい感じでした。
トピナガードルを使うようになってから締め付け感もひどくないし汗をかくことが多くなりました。
ずっとつけていられるのが便利です。
使い始めなので脂肪が燃え始めている?ぐらいの変化ですがこのまま痩せたらいいなって思っています。

使い始めで良さを実感しているお母さんたちもいて、締め付けがきつくない、代謝が良くなったと変化を実感している人が多いです。
また、使い続けていく事でサイズの変化も実感しているお母さんもいますので、使い続ける事も体型改善のポイントだと感じました。

トピナガードルはこんな人におすすめ!

  • 出産してからお腹と太ももが目立つようになった
  • 産後ガードルをつけてみたものの締め付けがつらい
  • 体の冷えを改善したい
  • 出産後のダイエットを効率よくしたい
  • ガードルは肌がかぶれてしまうので使えない
  • 何回もガードルを買い替えるのは避けたい!

出産後に体型が気になるようになったというお母さんは多く、ガードルなどを利用して体型の補正を行う方も多くいます。
でも締め付けがきついものが多いので、体にあまり良くない感じがしますよね。
トピナガードルは締め付け具合も調整でき、24時間着用できるぐらい体に無理がかからないガードルなので、出産後に体型をある程度元に戻したい!と思っているママさんたちにおすすめです!

トピナガードルのサイズの選び方について

トピナガードルを購入する際にちょっと迷ってしまうのがサイズ選びです。
自分のサイズを測って以下を参考にして選んでみましょう。
 
ウエストはお腹部分で一番細い部分で水平にメジャーを回して測ります。
ヒップも一番お尻が出ている部分で水平に測って参考にします。

サイズ ウエスト(cm) ヒップ(cm)
S 55~62 79~91
M 58~70 83~95
L 65~77 86~98
LL 72~82 89~101
EL 79~88 94~105

 

ここでどうしよう?と迷うのが2つのサイズで両方当てはまるという場合です。
ウエストが65cmだった場合、MとL両方に当てはまりますよね。
公式サイトではトピナガードルは伸縮性がありますので、二つのサイズにまたがって迷う場合には小さい方をおすすめしています。
 
そしてサイズ選びでもう一つ迷うのがウエストとヒップでサイズが違った場合です。
例えばウエスト的にはMかLだけど、ヒップが98cmでLかLLだったという場合です。
この場合、大きいサイズのヒップを基準に選んでみると良いと思います。
ヒップに合わせるとウエストが緩くなる可能性がありますが、その場合は無料でサイズ補修をしてくれるので後で調整が可能です。

また、サイズの測定・選び方についてですが、着用するタイミングよりかなり前に測定したサイズで購入するとサイズが合わなくなる事がありますので、出産後にガードルを使おうと思ったタイミングでサイズを測定して購入する事をおすすめします。
 
トピナガードルのロングとショートで迷っている場合、状況に応じておすすめタイプが違います。
ロングはカバー範囲が広いので、しっかりとカバーしたい!という人におすすめです。
ただ、外出する点で考えるとショートの方が使いやすいというメリットがあります。
ショートであればロング丈の裾部分がパンツスタイルの時に透けて見える心配もありませんし、トイレの時もショートの方が楽です。
なので、ご自身で使う状況に合わせて選んでみると良いでしょう。

トピナガードルを最安値でお試しする方法は?楽天?Amazon?

出産後のママたちにとってはすぐにでも着用したいトピナガードル。
効果がありそうですから、出産が済んだら自分のサイズを確認してすぐにでも購入したいですよね!
トピナガードルの販売に関してなのですが、自社製造による販売になりますので市販はされていません。
入手方法は通信販売になるのですが、楽天やAmazonでは取扱っていません。
よってトピナガードルを購入する方法はトピナガードル公式サイトからのみになります。
 
トピナガードルのショートは11000円、ロングは13000円になります。
一見、お値段が・・・と思ってしまうかもしれませんが、実際に利用してみた人達にとってはかなり割安なお値段と感じる人も多いのです。
それにはいくつか理由があります。

一般的な産後ガードルの価格

売れ筋ランキングなどで産後ガードルの価格を見てみると大体、11000円~16000円ぐらいのものが多いので価格的には同じぐらいです。
それに探せば安い価格の産後ガードルもありますが、実際に買ってみてから体に合わなかった、すぐに使い物にならなくなった、すぐに別のものに買い替えてかえってお金がかかってしまう場合もあります。

無料補修があるからお得

使用していくうちに体型が徐々に変わってきて『合わなくなってきたな』という変化があったとしても、無料補修をしてくれる制度があります。
他メーカーの産後ガードルは補修はしてくれませんので、サイズが変わる度に買い替える必要性が出てしまいます。
買い替えの回数、ガードルに費やすトータル金額を考えると断然トピナガードルがお得です。
その理由は下記の良心的なお約束があるからだと思います。

トピナガードルが売れている理由!(トピナガードルの3つのお約束)
  • 購入後、試着程度の着用であればサイズが合わない場合の返品、サイズ交換が可能
  • 購入後の商品が体型的に合わない時に部分的な補修も無料
  • トピナガードルを使っていくうちに体型が細くなってサイズがあわなくなってきた場合、無料補正

通常は購入したら補修・補正をしてくれることはありませんが、トピナガードルは無料で行ってくれるので自分にとって使いやすい産後ガードルを使い続ける事が出来ます!
是非、公式サイトからトピナガードルを購入して、産後の体型修正に役立てて下さい!

まとめ

産後用トピナガードル

購入後のサイズが合わなかったときだけではなく、使用してサイズが変わったときも無料で補正してくれるなんて、他にみたことがありません……!
一日中つけていられて、お肌に優しい。
パッとみた価格は高くみえますが、これならかなりコスパがよいのではないでしょうか!
産後、なかなか体型が戻らない、ダイエットする暇がない!というママさんは、ぜひ試してみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事